ディビジョン2のプレイを始めた

PS4で、UBIソフトのガンシューティングゲーム「THE DIVISION2」のプレイを始めました。

世間では、HORIZONの新作が発売され、エルデンリングの発売も間近ということではありますが、
それぞれ少し経ってからプレイしてみるかなと思っているので、それまでは積んゲーの消化をしていきます。

ディビジョン2の前に、私は過去にディビジョンをプレイしてクリアしています

第1作目は、ニューヨーク・マンハッタン島でバイオテロ後の治安維持をするために、マシンガンやライフルで敵を分からせていく、という内容でした。
今作は、バイオテロ後という設定はそのまま引き継ぎ、第1作目から少し時間が立ったあとの、まだまだバイオテロ後の混乱が続いている「ワシントン・D・C」を舞台とした治安維持組織の手伝いを各種の銃でやったるで~! というTPSゲームです。

2019年発売で、私は2年くらい経ってからDLC込みで2千円台で購入してプレイしてみたのですが、
そのときは開始早々フリーズして先に進めないという状況に陥っていたのでした。
なので、しばらく放置していたのですが、少し前にUBIソフトの「イモータルズ・フィニクス・ライジング」をプレイしていて、今作のことを思い出したので、本格的にプレイしてみようと思い立ったわけです。今度はフリーズしなくてよかったです。

ディビジョン2 オープニング
20220219-1.jpg

警察はおろか、アメリカ合衆国政府すら瓦解している世界で、ホワイトハウスもバイオテロ前のような機能はしていないものの、
頑強な構造のためか、今作での指揮本部となっています。

20220219-2.jpg

主人公は最初はここから出発し、各エリアのコミュニティやセーフハウスを解放することで、ファスト・トラベル拠点を増やしていきます。

ワシントン・D・Cは施設の多くを複数の暴徒組織に占拠されているため、ディビジョンという特別組織員の主人公は敵を殲滅しつつ、解放していく
20220219-4.jpg


戦闘の仕方は前作のディビジョンとほぼ同じです。

前作のプレイ例(他の方の動画です)


マシンガン系やマークスマン系のライフルに、補助武器としてグレネード、携帯タレットやドローン等を駆使して、大勢で攻撃してくる敵をどんどん射殺していく流れとなります。


なお、ディビジョン2のプレイの様子ですが、
私自身で、59秒記録できるPS4のビデオ・クリップ機能にて戦闘シーンを録画しましたので、それを以下に展開します。
以下4つの動画はeの人のプレイ動画となります。

人質解放のアクティビティ(その1)


タレットを敵の群れに放り込むことで、敵を混乱させています。

人質解放のアクティビティ(その2)


セミオートのマークスマンライフルを使ってみた


ゴルゴ13のようなしっかり狙うタイプのスナイパーライフルではないし、ダメージもそれと比べると1/3くらいですが、殺傷力はかなり高いのでよく使用しています。


追尾型のグレネードを使ってみた


通常のグレネードと違って、敵と違うところに着地しても間近の敵に寄ってから爆発する、という便利な武器。
この動画のように、丈の長い草原で敵を視認しにくいときには、特に役に立ちます。



という感じでプレイを進めてきます。




キャプチャーギャラリー


荒れに荒れた都市部。道路の真ん中には草も生えていて、混乱の時代が長く続いていることが分かる
20220219-3.jpg

ディビジョンシリーズ名物のゴミ山。ニューヨークと同様に、ここでも公共サービスは全く機能していない
20220219-5.jpg

雨天、夜間や煙霧のときには視認性が大幅に落ちる
20220219-6.jpg

スキルを解放すると、タレットやドローン等の重要な補助武器を使用できるようになる
20220219-7.jpg







YouTubeで視聴した動画


ディビジョン2に打ってつけの画像のMV


少女エスパーを怒らせてはいけない


いい感じ








HI! VEVO Vol.292

Zedd - Addicted To A Memory ft. Bahari (Official Audio)


イントロ好き。





クラシック曲を忘れない Vol.192


人形の夢と目覚め


テオドール・エステン作曲。人形が見た3つの夢の景色。








ニコニコ動画のリンク


面白い




音楽いいねぇ




スケボーゲームだったのか



ブルーダイヤモンドの缶入り燻製アーモンドは最強

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ いきいきサラリーマンへ

にほんブログ村 動画紹介ブログ いろいろな動画へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック